【NEWS】Inverted AudioとOpal Tapes、DIY音楽スペース「The Lubber Fiend」を立ち上げ、寄付金の募集を開始

Opal Tapesレーベルの創始者であるStephen Bishopが共同でイングランドのニューカッスルに非営利のDIY音楽会場兼リハーサルスペース「The Lubber Fiend」をオープンすることをInverted Audioがアナウンスした。

ミュージシャン、パフォーマー、プロモーターをサポートするためのスペース"The Lubber Fiend"は、街の中心部にリハーサルルームとパフォーマンススペースを含めた3,000平方フィートほどの施設を建設するため5,000ポンドの資金調達を開始した。

“ニューカッスルには、ハウスPA、アンプ、ドラムキットを備えた手頃な価格の音楽会場がほとんどなく、リハーサルスペースもほとんどありません。The Lubber Fiendはこの状況を変えたいと考えています"とInverted Audioは語っている。

“現在、私たちは2人でこのプロジェクトを推進しています。私たちは時間を費やしているが、お金を費やすことができていない。しかし、私たちはこのプロジェクトを実現するために、人々のサポートを求めています。私たちは、このプロジェクトの次のステップのために、さまざまな資金調達方法を検討しています。助成金を申請しているが、同時に寄付も募集しています。初期の建築作業とPAシステムの費用として、5,000ポンドを当初の目標としています。"

Inverted Audio

寄付は以下のリンクで受け付けているそうです。

Lubber Fiendはイングランドの伝説的な生物でlubberkinとも呼ばれます。ロゴの生き物がそうですね。

素敵なレーベルと素敵な音楽メディアです。興味がある方はぜひ。